保険 安く

保険料を安くする技ランキング


保険を安くする技 一位!

保険金・給付金を減額!

ある程度続いている生命保険を解約してしまうのはもったいないけど保険料は削りたいときは、例えば終身保険や定期保険などの「死亡保険」でしたら、最低保険金額を限度に保険金を減らすことガ出来ます。また、医療保険やがん保険は最低保険料まででしたら入院日額などを削ることで、自動的に手術給付金なども減らすことが出来ます。もちろん、解約では無いので保障は継続されます。

赤小矢印右 保険金・給付金を減額!はこちら


保険を安くする技 二位!

保険のムダな部分を削る

定期保険、終身保険、医療保険、がん保険など、複数の単品生命保険に入っている人も、大手生命保険会社によくある定期特約付き終身保険や総合保障保険などに加入している人も、特約が保障のダブりになっていませんか?代表的なのか医療保険とがん保険に加入しているのに、医療保険にガン保障の特約が付いていたり、がん保険に医療保険のような特約が付いていたりするんです。

赤小矢印右 保険のムダな部分を削る!はこちら


保険を安くする技 三位!

支払期間、支払い方法を変える

これは保険の見直しや新規加入時に使えるテクニックですが、一回の保険料の支払額が安くなる方法と、保険料を払い終わるまでの保険料総額が安くなる方法の二つがあるんです。保険料は短期間で支払いを終わらせると、保険料総額が安くなります。終身まで払い続けるような保険料の払い方にすると、一回の月額保険料が安くなります。あなたならどちらにしますか?

赤小矢印右 支払期間、支払い方法を変える!はこちら


保険を安くする技 四位!

通販保険に変えて保険料激減

通販保険とかネット販売生命保険って本当に安いですよね。でも一見安く見える通販保険商品は普通ではあり得ないような保険金で短期間の保障の場合の保険料を大きく表示していることがよくあるんです。30歳の定期保険が月額1000円をきる保険料だったら驚きますよね?でも保険金一千万円で保険期間10年の保険料だったりするんです。まずは焦らず保険料を試算しましょう。

赤小矢印右 通販保険に変えて保険料激減!はこちら


保険を安くする技 五位!

専門家に相談して保険料減額

店舗相談など、保険の見直し業が流行っています。実は保険料の節約に最も効果的なのが保険相談になると思うのですが、保険の専門家に相談することを第一位にしたら、テレビでよく言うヤラセみたいになりそうなので、謙虚にというか店舗相談を五位にしました。生命保険相談店舗の無料相談は、上記一位から四位と六位を同時に勧めてくれるようなものなので、「保障」はそんなに削らず保険料を大幅に削ることも望めるのです。

赤小矢印右 専門家に相談して保険料減額!はこちら


保険を安くする技 六位!

大手生保会社の保険を止める

大手生命保険会社の生命保険は、ひとつでいろいろ保障してくれる凄い商品が多いですが、保険料が高くなりがちです。そんなに大手生保の保険商品は保険料が高い駄目商品なのかと誤解されそうですが、大手生保の、絶対的な安心感は数字に現れない魅力ですよね。もし大手生保以外にも通販などの保険に加入しているのなら、保障内容を確認した上で高い保険料の保険を止めるのも保険料の節約になります。

赤小矢印右 大手生保会社の保険を止める!はこちら


保険を安くする技 七位!

FPに無料相談する

管理人の経験からも、FP(ファイナンシャルプランナー)の生命保険無料相談が一番良いと思います。あ、またヤラセだ!と言われそうですね。FPは普通に保険料の減額の提案をしますが、安易に保険料の減額に突っ走ることはしません。保険を減額しすぎて万一の時に後悔することが無いような提案です。また、自営業かサラリーマン、または公務員などで全く違う提案をすることが多いのですが、その提案の内容に深さがあります。

赤小矢印右 FPに無料相談する!はこちら



赤丸右矢印 ファイナンシャルプランナーの保険相談

保険の相談は何度でも無料 桃矢印右保険マンモス桃矢印左

FPの無料相談で商品券6,000円分をプレゼント!


 

毎月の保険料って高いですよね。特に複数の生命保険に加入していると毎月の保険料が凄く高くなります。
実は生命保険は万が一の時の保障の為に加入するのが目的ですが、銀行よりも利率の良い貯金や資産運用の手段にもなるんです。
貯蓄目的の生命保険といえば、学資保険や年金保険ですよね。

例えば、生命保険の保険料が毎月7万円の家庭があって、貯蓄とか資産運用の保険に回しているのが毎月四万円、保障に回しているのが三万円なら、家族構成によっては納得出来ます。
ですが、例えば夫婦と子供二人の家庭で保険料七万円、その中に学資保険が一本も無いとしたら、最悪毎月七万円を捨てていることにもなりかねません。保険の内容をよく考えて節約出来る生命保険は減額するなどの手段を講じるべきでしょう。

待ってください!転換、下取りは悪魔のささやき

保険料を安くするとき、「転換」「(同じ生命保険会社の保険で)乗り換え」「下取り」という言葉が出たら用心してください。管理人は転換しそうになりましたが、本当に転換したら損したと思います。

保険のお姉さんは下取り(転換)を提案
管理人が経験した話で恐縮ですが、父親の知人の保険のおばあさんから人生初めて生命保険に加入してから五年後、毎月生命保険に二万円弱の保険料を払い続け、さらに今後35年も払い続けるのがアホくさくなった若き日の管理人は、保険料を安くする相談を生命保険会社に電話で問い合わせてみたのです。
父の知り合いのおばあさんは既に引退していたらしく、いわゆる保険のおばちゃん(実際に来たのは当時の管理人より少し年上のアラサーくらいのお姉さん)が実家に来まして、今加入中の生命保険を下取りして、新しい生命保険の保険料の一部に充てれば、保険料は格段に安くなりますよ。
これは転換と言って、他の保険会社に乗り換える場合には下取りをしてくれないので、同じ生命保険会社だからこそ下取りができる、既契約者様ならではの大きなメリットなんです。ということでした。

転換っていい話じゃん!
当時、生命保険は掛け捨てだと思い込んでいたので、保険に下取りなんてあるんだ?凄い!いい話じゃん!と思い、早速設計書を作ってもらったのです。 設計書は、下取り後加入する商品の保障は加入中の保険と同じで、保険料払い込み期間は転換後から四十年でした。

保険金額などを変えながら
@保険料が格段に下がる設計
A保険料が若干下がる設計
補足として
B保険料が上がる設計
の三種類を見ながら、五年前の私の保険証券や保険の設計書と見比べます。

おばちゃん、俺のこと騙してる?(怒)
(余談ですが、今みたいに保険会社のランキングサイトなどがあって、転換をすると損するなど警告してくれる情報を発信してくれれば良かったのですが、当時はインターネットの存在さえ聞いたことがなかったんです。)
最終的に@の設計書の内容で転換をすることにしたのですが、何気なくBの設計書と元々の私の五年前の設計書を比較したとき、四十年後の解約返戻金を見たら、Bの四十年後の解約返戻金が極端に低いのです。
Bの保障内容は今の保険とさほど変わらないのに、今加入している保険を下取りして、さらに今より高い保険料を払い続けてもなぜ解約返戻金が減るんだよ?な話です。 このときは、私の心の中でお姉さんじゃなく、保険のおばちゃんになっていました。

数字で考えるとわかりやすい
・現在の保険料は、月額18,000円
→月額18,000円x四十年の保険料総額=864万円
→四十年後の保険料解約返戻金300万円

・Bの、設計書の月額保険料2万円
→ 月額18,000円 x 四十年の保険料総額=960万円
→四十年後の保険料解約返戻金200万円
みたいな感じです。
@とAは解約返戻金がもっと下がります。
こんなのあり得てはいけないでしょ!?

元々転換しなくてもよかった
これ(転換後の解約返戻金が激減している)を保険のおばちゃんに聞いたら、この五年で急激に予定利率が下がったなど、当時のアホ管理人には訳のわからない説明をし出したので、それを遮り
よく考えてみたら、今の、継続中の生命保険の、死亡保険金額を減額して保険料を減額することは出来ないのかを聞いたら、できます。と言うんですよ!
それを先に言ってくれよ!!!って話ですよね!?
もちろん、転換の話は無しになりました。

転換は保険営業にオイシイ話
後から噂程度に聞いた話だと、生命保険の営業職の成績について
▲生命保険の転換は、生命保険の新規契約と同等の成績になるらしいのですが
●加入中の保険をそのまま解約せず、死亡保険金を減額するなどで保険料を下げることは、生命保険営業の成績にならないのだそうです。
転換は、保険に入っていない人にゼロから営業をかける手間が無く、自分が所属する保険会社既契約者相手なので、ある意味敷居が低く断られる可能性も格段に低いのです。
★ということで、転換は保険営業にとって少ない労力で成績を上げられる美味しい話かもしれませんが、契約者にとって美味しい話では無いようです。
だからあのとき保険のおばちゃんは継続中の保険の保険金減額の話をしなかったのかぁ。と納得しました。
今は良いですよねぇ、むやみに転換を勧めないファイナンシャルプランナーとか保険の無料相談店舗がありますから。

保険を安くするときは専門家が良いです。
生命保険の営業職の悪口は言いたくないですが、こんなコトガあると、生命保険の営業職に相談するのは避けてしまいます。
また、生命保険の営業職は
★★自社商品だけしか販売できない
★★他社商品との比較販売も出来ない
という欠点があるので、例えば二社以上の医療保険を比較しながら検討することなどは出来ません。
やはり、複数の生命保険を比較検討できるファイナンシャルプランナーや生命保険の無料相談店舗が良いということになります。

保管理人も専門家に相談しました
ちなみに、このサイトの管理人もファイナンシャルプランナーや生命保険の無料相談店舗で保険料減額の相談をしたことがあるのですが、管理人目線で一番良かったのがファイナンシャルプランナーの無料相談でした。次に良かったのが有名な店舗型生命保険無料相談です。
名前を聞いたことが無いようなマイナーな生命保険無料相談店舗にも行ったことがあるのですが、そこは結構強引でした。

ということで、管理人が実際に相談してみて良かった生命保険の無料相談を、ファイナンシャルプランナーの無料相談、保険の専門家の無料相談店舗を紹介します。

赤丸右矢印 ファイナンシャルプランナーの無料相談

何度相談しても無料です 桃矢印右保険マンモス桃矢印左

今なら無料相談で6,000円分の商品券プレゼント!

生命保険の無料相談が良かったです

オススメ!
ファイナンシャルプランナー(FP)の保険無料相談

保険マンモス
保険マンモスは、ベテランのファイナンシャルプランナーを無料で派遣してくれるサービス会社です。
まず、ファイナンシャルプランナーというのは、国家資格や高度な公的資格の名称です。
略称はFPです。
堅いことを言うとFPは金融商品、税金、相続など、お金に関する高度な知識を持っているので、資産家や会社社長の為に金融商品を厳選したり、その運用や税金対策のアドバイスをしています。
高度な資格に裏打ちされた高度な金融知識というと、一般家庭に向いていない感じがしますが
生命保険や住宅ローンなどにも強いのもあって、一般家庭では家計のアドバイスなどもしてくれます。しかも、説明がとてもわかりやすいんです。

FPの専門家を探すのも大変
でも、このような専門家は弁護士と同じようなもので、なるべく早く相談したくても、なかなか見つかりませんよね。
しかも、生命保険に強くて強引な勧誘などをしないFPとなると、 そんなFPなんて知らないよ!と、FPに相談することを諦めたくなりますよね。
そこで、保険マンモスのFP派遣が役に立つと思います。
経歴5年以上のベテランFPを、あなたの自宅や勤務先などに派遣してくれて、生命保険の相談をしてくれます。

満足度95%、強引な勧誘はありません
良いことばかり書いていると、FPの生命保険無料相談をゴリ押ししているようになってしまいますが、もしかしたら、保険を売りつけられた嫌だなって思っていませんか?
保険マンモスは「イエローカード制度」があり、派遣したFPが失礼な言動をしたり強引な勧誘をした場合、すぐ他のFPに替えることが出来ます。
専門家に相談するのは、相談料が必要と思う方もいますが、相談料はありません。生命保険の相談は何回でも無料なんです。
「基本からわかりやすく説明してくださったおかげで、今のままではだめだということに気がつきました。」という実際に相談した人の声もあります。
満足度は95%以上
今なら無料相談で6,000円分の商品券がもらえます

桃矢印右保険マンモス桃矢印左