保険金 給付金 安く

保険金を削って保険を安くできる

赤丸右矢印 大丈夫ですか?見直しは失敗できません!

FPの無料相談が有効です

今なら無料相談で高級黒毛和牛プレゼント!

桃矢印右保険マンモス桃矢印左

 


赤小矢印 タイトルの通り、保険金や給付金を削れば保険料は下げられるのです。

定期保険の減額
多くの人が加入している定期保険。保障(保険金)の大きさの割には保険料が安いのが魅力ですが、それでもいろいろな事情で保険料を安くしたくなるときがあります。
生命保険会社によっても違いますが、例えば死亡保険金3,000万円、保険料月額10,000円の定期保険でしたら
死亡保険金を1,500万円に減額すると、目安的には保険料月額5,000円になります。
有料特約が付いていない定期保険は、死亡保険金を半額にすると、保険料もだいたい半額になることが多いです。
電話して書類に記入して
死亡保険金の減額=保険料の減額方法は、生命保険会社や生命保険の無料相談会社に保険金の減額をしたいことを電話で伝えて、送ってもらった書類に必要事項を記入し、保険会社に返送する。というのが一般的です。
保険の無料相談会社の場合は、相談員さんが手続きしてくれると思います。
減額手続きの時に確認すること
しっかり確認しておかなければいけないことは
保険料を○○○円にしたい場合は保険金をいくらまで減額すべきか、保険会社や無料相談会社のスタッフさんに聞くこと
何月の引き落としから保険料が減額されるか確認することです。
また、多くの定期保険は保険金の下限額がありますので、例えば最低保険金額500万円の保険商品に対して保険金額を300万円まで下げたいと言うことはできません。
終身保険も減額できます。
死亡保険の終身保険は、例えば死亡保険金500万円を死亡保険金300万円にすることはできます。
終身保険は解約返戻金がある、ある意味貯蓄系の生命保険です。
この場合、減額した終身保険は部分解約ということになり、減額に応じた解約返戻金の戻りが望めます。
もちろん、下限の保険金額がありますので、例えば下限保険金200万円にしても保険料がきついという場合でしたら、解約か、「払い済み」という手段をとるしかありません。

医療保険も減額は可能ですよ

医療・がん保険の減額は給付金を基準に
医療・がん保険の場合は入院日額10,000円のプランを入院日額5,000円に変更すれば、保険料が半額になることが多いようです。
あくまで入院日額が半額になれば保険料も半額になるという目安ですが、詳しくは保険会社や保険の無料相談会社でしっかり確認して頂く必要があります。
医療保険も減額下限があります
医療保険は入院日額を目安にして減額することが多くなると思いますが、月額最低保険料を下回る減額は出来ません。
医療保険は、掛け捨て系と終身保障で解約返戻金があるものの二種類がありますので、終身保障の医療保険の場合解約返戻金の有無も確認した方がよいです。
あとは停止保険の減額と同様、何月の引き落としから保険料が減額されるのかなどを確認しておいてください。

赤丸右矢印 見直しすぎて保障も減りすぎると危険です

無料相談で適切な減額 桃矢印右保険マンモス桃矢印左


無料保険相談で高級A5黒毛和牛。今!

保険料の下げすぎに注意

保障が薄くなりますよ
上記の保険料減額方法は一般的な考え方になります。保険料を下げたいけど保障が薄くなるのが嫌ですよね。
ですので、万が一があった後でも、家族の将来に影響が出ないような範囲で減額するのが望ましいです。
保険金を下げても全く問題ない場合もある
例えば、定期保険に加入して十年もすれば末の子供が10歳になるので、その子供が二十歳になるまでの生活費・学費があれば十分なはずです。万が一があっても、子供が大学二年までは続けられる学費と家族の生活費10年分をまかなえる保険金があれば良いことになります。
時間が経つと要らなくなる保険金に注目
ということは、定期保険は10年も加入していると、加入したときよりも保険金がそんなに必要無い、むしろ保険金が多すぎてムダな保険料を払わないために保険金を減額すべきだということもあり得るんです。
これから先の家族に、最低どのくらいの保険金が必要かを試算した数値(金額)を必要保障額というのですが、必要保障額を生命保険の専門家に計算してもらって、ムダな保険料があるかどうか、一度アドバイスしてもらうといいかもしれません。
試しに話を聞くだけでも、結構効果があるかもしれませんよ。

赤丸右矢印 保険料を減額して家計に余裕を作りたい!

そんなとき生命保険と家計のスリム化のプロ

FP(ファイナンシャルプランナー)が

頼りになります

満足度95% 保険相談は何度でも無料

桃矢印右保険マンモス桃矢印左


今、無料相談で厳選A5黒毛和牛プレゼント