保険料 支払期間 安くする

支払い期間を変えると安くなる

赤丸右矢印 あなたの保険、ムダに高くないですか?

無料相談で解決 桃矢印右保険マンモス桃矢印左

無料保険相談で高級黒毛和牛もらえます。今!

 

保険料を払う期間を選ぶ
毎月の保険料を安くする方法は、別ページの保険金額・給付金額の減額がありますが、保険料の支払期間を変えても保険料が安くなるんです。 これは新規加入時にしか選べない方法ですので、今加入している保険の支払い方法変えるための手段ではありません。

毎月の保険料が安くなるというのは
保障を削って保険料を安くすることと
保険料支払期間を変えて安くする
の二つの方法がありますが、 保険料支払期間を変えて保険料を安くする方法は、支払期間を短くすることで月額保険料は上がりますが、保険料総額が安くなるという効果も望めます。

保険金額・給付金額の減額の場合は、保険金や給付金の保障を減らすので毎月の保険料も保険料総額も安くなりますが、 このページの方法は、保険金や給付金などの「保障内容」を全く変えないとか減額しないで、保険料を安くする方法です。

毎月の保険料が安くなる方法

保障内容を一切変えず、毎月の保険料が安くなる方法
これは超簡単です。保険加入時に保険料の支払期間を「終身払い」にすればいいんです。

例えば一回払いでは何千万円もする住宅を、住宅ローンで420回払いにすれば、一ヶ月十万円以下の支払いになります。 コレと同じ理屈で、保険料を終身払いという「死ぬまで払い」にすると、60歳までの支払いとか、65歳までの支払いよりも、一ヶ月の保険料が安くなります
ローンの支払い回数が多いほど一回の支払いが少なくなるのと同じですね。

終身払いの欠点
ですが、この終身払いは凄い欠点があります。
▲60歳までの支払い(保険料払込期間60歳)とか、65歳までの支払い(保険料払込期間65歳)と比べると 保険料総額がやたら高くなるんです。
一回の保険料は保険料払込期間60歳とか65歳よりも格段に安いのですが、保険料支払い回数が多いので、支払保険料総額は凄く高くなります。
▲65歳で定年、変な話85歳で他界するとしても、20年も年金から保険料を支払い続ける必要があるんです。

赤丸右矢印 あなたの保険、ムダな支払いしてませんか

無料相談の満足度95% 桃矢印右保険マンモス桃矢印左

今、保険無料相談で厳選黒毛和牛プレゼント

保険料総額が安くなる方法

歳払い。
保障内容を一切変えず、保険料総額が安くなる方法です。 これも超簡単です。
見直しとか新規に保険に加入するときに保険料の支払期間を、保険料払込期間60歳(まで払う)などの、 ○○歳払いにすればいいんです。
住宅ローンで言えば短期ローンを組んで、支払総額を圧縮するようなものです。

まとめ払い。いろいろ
生命保険の場合はさらに保険料総額を安くする方法がありまして
半年払い、年払い、全期前納払い、一時払い があります。

年払い、半年払いはその名の通り、半年分ずつ払うので、毎月払いよりも安い保険料総額になりますし、年払いはさらに保険料総額が安くなります。

★ややこしいのが全期前納払いです。
例えば40歳の人が保険料払込期間65歳、毎月二万円の保険料の保険に加入して前期前納払いを選んだとします。
普通に考えれば20,000円x12か月x25年=6,000,000円の支払い総額になるのですが(300回払いです)
全300回払い分の保険料を、全額保険会社に預けるような形で、1回で支払う方法のこと。が全期前納払いなんです。 本当は600万円の保険料が、かなり安くなります。
保険会社に預けた保険料は、年1回、または毎月の支払期日が来たら、預けたお金から保険料が支払われるんです。

★一番シンプルなのが一時払いという、保険会社に対する預け金無しの、保険料全額一回払いです。
一般向けの保険よりも、資産運用の保険に多い気がするので詳しくは割愛します。

まとめ払いが出来ない商品もある
通販商品は保険料の支払い方法に制限がある物が多いんです。加入時に保険料の支払い方法を選ぶには対面販売商品になります。
また、残りの保険料を一括で払いたい場合など、生命保険会社に聞いてみるのもいいのですが、いちど生命保険と家計の専門家であるファイナンシャルプランナーに聞いてみた方が良いと思います。

赤丸右矢印 保険料支払期間は加入時がカギ 

保険料支払期間や保障額などの増減・・・

保険の減額・見直しは専門家の助言が一番


ベテランFPが理想の保険に近づくアドバイス

満足度95%イエローカード制度があるので

失礼な言動や強引な勧誘対策は万全

保険相談は何度でも無料。 桃矢印右保険マンモス桃矢印左


今、無料相談でA5クラス黒毛和牛もらえます