FP 保険 安くする

FPの保険見直しで減額

赤丸右矢印 FPはファイナンシャルプランナー

FPの保険無料相談は桃矢印右保険マンモス桃矢印左

今なら無料相談で高級黒毛和牛プレゼント!

 


FPのの保険見直しの特徴
保険の無料相談をしてくれるFPは、素人じゃわからない保険減額のテクニックと、相談者の生活と将来を勘案したプラン建てが凄いんです。保険を変えたら、将来どのように役立つかまで 考えて提案しますよ。
管理人がFP派遣で相談したら
FPが生命保険の無料相談店舗と決定的に違うのは、生命保険ショップは保険料減額に突っ走る感じがあるのに対して、FPは生命保険は万が一の時の保障でもあるけど、生活を守るための物でもあるので、極端な保険料の減額をして生命保険が役に立たなくなることは絶対しない。という、ちょっと泥臭い考えがあることかもしれません。
管理人がFPに相談したら、保険の減額プランをすぐ提示してくれましたが、万一ガンで入院したときなど、日銭稼ぎに近いは管理人の稼ぎが激減して、生活費が無くなってしまうことを指摘されて、良い意味でゾッとしました。
さらにFPの凄いところは、普段経理や金融の話など敬遠するような中小零細の社長にお金の話をわかりやすく話す職業でもあるので、生命保険の話や住宅ローンの内容をかみ砕いて話すのが得意なんですね。本当にわかりやすいアドバイスを頂きました。

わかりやすい説明と減額提案
管理人が相談したFPは、私の職業の状況やガン家系である私の環境の話、私の全部の保険証券を見て、紙に手書きの棒グラフを書きながら、今の保険の保障状況を説明してくれました。
これが凄くわかりやすく、自分の保険の保障状況がよくわかりました。

次に保険料減額対策の話になりますが、「保険料を下げるだけなら、定期保険を外資の○○社の禁煙割引付き定期保険にすれば、今の年齢で契約したとしても保険料は若干下がると思います。
でも今の年齢なら若干程度しか期待できません。
さらに終身払いにすれば目先の月額保険料は安くなりますけど、死ぬまで保険料を払い続けると言うことは、今大問題の、わずかしかもらえない年金から保険料を払い続けていくことになるので、おすすめ出来ません。また、言葉は悪いですが死ぬまで払いは超長期ローンとさほど変わらないので保険料総額が大きくなりすぎますよ。」

なんか、言うことが説得力ありすぎます。

保険が本当に役立つ見直しを提案
さらに
「管理人さんの保険内容は良く組まれているので、五年前の年齢で契約の定期保険は、あと五年はこのままの保険料で結構安いです。今○○社の定期保険に変えなくてもいいかもしれません。
定期保険の見直しは、更新と保険料の値上げが来る五年後で良いと思います。
ただ、管理人さんの職業は、日給月給的な部分もあるので、例え短期入院でも家計費と仕事の資金の打撃が大きいと思います。」

管理人、今まで健康だったこともあって自分が入院したときの「医療費」ではなく「家計費と仕事の資金」の枯渇を考えていませんでした。
FPさん、鋭すぎます。

赤丸右矢印 FPの知恵と知識に裏付けられた見直し

FPが無料でアドバイス 桃矢印右保険マンモス桃矢印左

今、無料相談で厳選A5黒毛和牛もらえます



まさかの、保険料値上げ提案
「保険料の減額の相談なのに保険料増額の提案になりますが、管理人さんの医療保険は今のままで良いので、安い医療保険を上乗せするか、もしくはがん保険を追加した方が良いと思います。サラリーマンでしたら純粋に医療費だけを保険給付金で補填すれば良いのですが、自営業の場合は医療費+生活費の両方を補填する必要があるのです。」
こんな感じで「毎月の保険料を上げる提案」をしてきたのです。
「このFP、自分の成績を上げたくて煽ってきやがった!」と思いましたが、そんなの一瞬だけでした。
たしかに管理人の仕事は日給月給めいた部分があるので、その日のノルマをこなさないと、ろくな稼ぎにならなかったのです。
管理人、しばらく考え込んでしまいました。

保険金の使い方の提案に驚く
「管理人さんの医療保険は短期入院でも手厚い保障が出るくらいしっかりしているのですが、ガンの給付金が若干薄いかもしれません。ガン以外の治療については心配ないかもしれませんが、ガン家系(管理人の母は肺がんで63歳の時に他界、伯父は肝臓ガンで73歳の時に他界) を懸念するなら、安いガン治療を上乗せして生活費対策をする感じですね。」

「例えば軽い大腸ガンは最近内視鏡的手術でガンを切除する場合がありますが、遅くとも手術の三日後には退院して、それから一週間から二週間、運動禁止になります。
管理人さんの場合、運動禁止と言われると、全く働けないこともあるんじゃないですかね。それだと歩合が出ないから生活が苦しくなることでしょう。
退院したら働けなくて稼ぎが無い、保険給付金が出ない期間が二週間です。

あと、ガンの治療で三週間入院したとして、ちょっと高めの給付金を仕事の運転資金と家計、「両方」に回せますから。
実は保険金や給付金というのは使用目的が自由なんです。生活費以外なら、管理人さんの代わりに、臨時的に短期バイトを雇うこともできますし、管理人さんの代わりに知り合いに穴を埋めて頂く謝礼にもできます。」

このように書くとFPさんにゴリ押しされているように感じるかもしれませんが、まったくそのようなことは無く、むしろ、私が気がつかなかったリスクとその解決方法を同時に提案していることに驚きました。
保険金・給付金で短期バイトを雇うという考え方はありませんでした。FPの知恵に本当に驚きました。

赤丸右矢印 FPの知恵と知識に裏付けられた見直し

FPが無料でアドバイス 桃矢印右保険マンモス桃矢印左

今、無料相談でA5クラス黒毛和牛プレゼント

務員やサラリーマンの場合は家計も減額しやすい

公務員なら、念のために公務員共済が補填される金額、公務員の病欠待遇などで補填される金額を調べてもらうと、医療保険やがん保険などは減額しやすいそうです。
サラリーマンの場合、会社や所属する保険組合によって給付される金額が全く違うので、しっかり調べてもらうと、公務員の場合と同様に減額しやすいそうです。
死亡保険などの場合、大手の保険料は高いけど大手の安定感を買いたい場合以外は、積極的に外資系商品や損保の子会社生保の商品を活用することで保険料の減額が叶えられるそうです。

また、保険の組み方が上手くて保険料減額の隙間も無いようなお客さんもいらっしゃるそうで、その場合は減額したら逆に保障的に損することを伝えるだけにとどめることもあるそうです。

住宅ローンの相談・家計の節約の相談も
FPさんは金融商品の専門家なので住宅ローンの相談も出来ます。
例えば同じ年収五百万円くらいの方が住宅ローンをまとめたり、低金利の物に借り換えようとしても、大手の会社の場合は凄い早さで承認が下りて、中小企業の勤めの場合はやたら長い時間が過ぎた後に、承認が下りませんでした的なこともあります。
FPさんに相談すればそういったことが全て解決するわけではありませんが、個人的に借り換えを申請するのと金融の専門家のアドバイスをもらうのとでは、大きな違いが出ることもあります。 個人的vs専門家の知恵を借りる。どちらが良いかということですね。

また、FPさんは「家計」と「節約」にも長けている方が多いので、そのあたりもそうだんすると良いことがあるかもしれません。
住宅ローンや学資保険、普通の家庭の生命保険のスリム化などはよくある相談内容だそうです。

保険無料相談店舗との違い
保険相談店舗全てがそのような考えではありませんが、管理人が経験した範囲ですと、保険相談店舗はとにかく保険料を下げることを最優先しすぎて、支払期間を変えれば保険料が下がるページの毎月の保険料が安くなる方法にこだわりすぎて、老後の年金から保険料を出さなければいけないプランに走りがちです。
FPさんは、いろいろな人の生活を見ているので、保険料を下げるリスクを警告することができる、見識がありました。
もしかしたら、この記事は意味がわからない話かもしれませんが、保険金とか給付金を生活費と仕事の穴埋めに使う提案は当時の私には大きな穴を指摘された感じで正直驚きました。
保険の提案って、家庭や個人の状況をしっかり理解できないと、納得出来る見直しプランが提案できないんだと実感しました。

最後にFPの無料相談を紹介しておきます。
「保険マンモス」という、FPさんの無料派遣会社です。
あなたの自宅や勤務先などに派遣してくれるので、相談者のすぐ横に別の相談者がいるような保険ショップと違い、秘密が漏れることはありません。

保険の相談は複数回になることが当たり前なので、保険の相談は何度でも無料です。
満足度は95%で、強引な勧誘などはありません。

桃矢印右保険マンモス桃矢印左


今なら無料相談で高級黒毛和牛もらえます!