大手 保険 安くする

わかりにくい生命保険と複数契約

赤丸右矢印 保険を削るとき、プロの助言が効きます

専門家の無料相談桃矢印右保険マンモス桃矢印左

今、無料相談でA5クラス黒毛和牛もらえます

 


なんか凄い生命保険と普通の保険
意外と気がつかないのは「総合保障保険」などという、生命保険会社が販売している「定期保険特約付終身保険」、つまり少額の終身保険に定期保険の特約を付けた、ペットネームを付きの生命保険に加入しているのに、他に単体で医療保険や死亡保険に加入している場合です。
「定期保険特約付終身保険」とか「総合保障保険」は、たとえば「万が一の時は5,000万円の保障、医療保障も付いて、保障は死ぬまで続きます。保険料は60歳まで支払って頂ければ以後の保険料は不要です。」みたいな凄い保障で、凄いお買い得な印象を受けます。

凄い保険の中身をよく見ると
その凄い保険の内容を羅列すると、例えば
一生続く終身保険が保険金200万円
60歳まで続く定期保険特約が4,000万円
60歳まで続く、病気死亡以外だけに使える死亡保険特約が800万円
60歳まで続く、入院日額5,000円の医療保険特約
一契約でいろいろな保障をしてくれて、生涯保障が続く凄い生命保険だと思ったら、少額終身保険一契約と、60歳で終わる三種類の特約三本の集合体だったりします。

一生続かないのは
万が一の5,000万円の保障と医療保障が一生続くと思っていたら、それは60歳までの話で、それ以後は200万円の死亡保障だけになるのです。
総合保障保険と言われたりすると、定期保険や終身保険とは別の保険と勘違いしてしまいそうですが、よく見ると普通の保険と特約を組み合わせてセット販売しただけなんです。

最大の問題
こういう、凄い保障の生命保険は、死んだら五千万円も出るような保障も医療保障もあるのに月額二万円を切るような保険料だったりします。が、この保険が30歳から60歳まで続くとして、その中間である45歳になると、月額四万円を超える保険料になったりします。
これは、凄い保険の中の定期保険部分が45歳で更新されて、45歳の死亡率に見合った保険料に更新されるからなのです。

赤丸右矢印 保険は細かすぎてよく分からない!

FPがアドバイスします桃矢印右保険マンモス桃矢印左

今なら無料相談で厳選黒毛和牛プレゼント!

保障の重複に気がついたら

保障の重複だったのね!?
最初に総合保障保険や定期保険特約付終身保険(セット販売保険)に加入したのに、何年かすると単体の定期保険を勧められたとか、単体の医療保険を勧められたということもあるらしく、セット販売保険があるのに、なぜか終身医療保険も死亡保険の終身保険も別口で加入していたということが、あるんです。

ダブり保障はいらない!
そうすると、知らなかったとは言え、保障が重なっていてもったいないので「セット販売保険」か、「別口で単体加入した終身保険と終身医療保険」のどちらかが不要になります。
よく考えたら、終身まで続く医療保険と単体の終身保険は必要だけど、セット販売保険は余計かも?になるんです。
逆にセット販売保険は必要だけど、単体で加入した医療と終身の二つの保険は余計かも?になるかもしれません。

どっちを削るべきか
どっちを削れば良いかというのは、判断が難しい場合があります。60歳で定期保障が終わるのはいいけど、60歳で医療保障が終わるのは困るから、セット販売保険を解約しようか、それとも別口で加入した終身保険と医療保険を継続して総合保障保険を解約、さらに別口で定期保険に加入する。
総合保障保険につぎ込んだ保険料がもったいないから、総合保障保険を残した方がいいかな?あれ?セット販売保険は五年後に保険料が上がるんだっけ?と、いろいろ考えなければいけなくなります。

答えは保険料
例えば45歳で値上がる保険料と子供の学費などを考えると、単品保険を残して大手のセット販売保険を解約、保障が足りなくなる部分は何か新たに単品保険に加入しても、45歳の更新後と比較して格段に保険料が安くなることが多々あります。
実は、大手の保険を解約とか減額して保険料の増額を抑え、薄くなった保障は中小の保険会社の商品で埋め合わせる手法は、生命保険の無料相談店舗やファイナンシャルプランナーがよく講じる手段でもあります。
まず、家族の保険の内容を知ることから始めて、ムダがあるかどうか確認することが大切です。

赤丸右矢印 保障の重複は気がつきにくいですよね 

一度保障内容を見てもらうのが得策

保険の減額・見直しは専門家におまかせ


ベテランFPが理想の保険に近づくアドバイス

満足度95%イエローカード制度があるので

強引な勧誘や失礼な言動にも対応


保険相談は何度でも無料桃矢印右保険マンモス桃矢印左


今なら無料相談で厳選黒毛和牛もらえます!