騙す だます 保険営業

待ってください!転換、下取りは悪魔のささやき

赤丸右矢印 安易な保険の転換は大損することも

FPは必要ない保険の見直しを勧めません

桃矢印右保険マンモス桃矢印左

今、保険無料相談で厳選黒毛和牛プレゼント

 


保険料を安くするとき、「転換」「(同じ生命保険会社の保険で)乗り換え」「下取り」という言葉が出たら用心してください。管理人は転換しそうになりましたが、本当に転換したら損したと思います。

保険のお姉さんは下取り(転換)を提案
管理人が経験した話で恐縮ですが、父親の知人の保険のおばあさんから人生初めて生命保険に加入してから五年後、毎月生命保険に二万円弱の保険料を払い続け、さらに今後35年も払い続けるのがアホくさくなった若き日の管理人は、保険料を安くする相談を生命保険会社に電話で問い合わせてみたのです。

父の知り合いのおばあさんは既に引退していたらしく、いわゆる保険のおばちゃん(実際に来たのは当時の管理人より少し年上のアラサーくらいのお姉さん)が実家に来ました。 そのお姉さんが言うには
 今加入中の生命保険を下取りして、新しい生命保険の保険料の一部に充てれば、保険料は格段に安くなりますよ。
 これは転換と言って、他の保険会社に乗り換える場合には下取りをしてくれないので、同じ生命保険会社だからこそ下取りができる、既契約者様ならではの大きなメリットなんです。
ということでした。

転換っていい話じゃん!
当時、生命保険は掛け捨てだと思い込んでいたので、保険に下取りなんてあるんだ?凄い!いい話じゃん!と思い、早速見積もり(設計書)を作ってもらったのです。 設計書は、下取り後加入する商品の保障は加入中の保険と同じで、保険料払い込み期間は転換後から四十年でした。

保険金額などを変えながら
@保険料が格段に下がる設計
A保険料が若干下がる設計
補足として
B保険料が上がる設計
の三種類を見ながら、五年前の私の保険証券や保険の設計書と見比べます。

おばちゃん、俺のこと騙してる?(怒)
(余談ですが、今みたいに保険会社のランキングサイトなどがあって、転換をすると損するなど警告してくれる情報を発信してくれれば良かったのですが、当時はインターネットの存在さえ聞いたことがなかったんです。)
最終的に@の設計書の内容で転換をすることにしたのですが、何気なくBの設計書と元々の私の五年前の設計書を比較したとき、四十年後の解約返戻金を見たら、Bの四十年後の解約返戻金が極端に低いのです。
Bの保障内容は今の保険とさほど変わらないのに、今加入している保険を下取りして、さらに今より高い保険料を払い続けてもなぜ解約返戻金が減るんだよ?な話です。 このときは、私の心の中でお姉さんじゃなく、保険のおばちゃんになっていました。

赤丸右矢印 保険選びを間違うと、とても危険です!

保険無料相談が便利です桃矢印右保険マンモス桃矢印左

今なら無料相談で厳選黒毛和牛プレゼント!


数字で考えるとわかりやすい
・現在の保険料は、月額18,000円
→月額18,000円x四十年の保険料総額=864万円
→四十年後の保険料解約返戻金300万円

・Bの、設計書の月額保険料2万円
→ 月額18,000円 x 四十年の保険料総額=960万円
→四十年後の保険料解約返戻金200万円
みたいな感じです。
@とAは解約返戻金がもっと下がります。
こんなのあり得てはいけないでしょ!?

元々転換しなくてもよかった
これ(転換後の解約返戻金が激減している)を保険のおばちゃんに聞いたら、この五年で急激に予定利率が下がったなど、当時のアホ管理人には訳のわからない説明をし出したので、それを遮り
よく考えてみたら、今の、継続中の生命保険の、死亡保険金額を減額して保険料を減額することは出来ないのかを聞いたら、できます。と言うんですよ!
それを先に言ってくれよ!!!って話ですよね!?
もちろん、転換の話は無しになりました。

転換は保険営業にオイシイ話
後から噂程度に聞いた話だと、生命保険の営業職の成績について
▲生命保険の転換は、生命保険の新規契約と同等の成績になるらしいのですが
●加入中の保険をそのまま解約せず、死亡保険金を減額するなどで保険料を下げることは、生命保険営業の成績にならないのだそうです。
転換は、保険に入っていない人にゼロから営業をかける手間が無く、自分が所属する保険会社既契約者相手なので、ある意味敷居が低く断られる可能性も格段に低いのです。
★ということで、転換は保険営業にとって少ない労力で成績を上げられる美味しい話かもしれませんが、契約者にとって美味しい話では無いようです。
だからあのとき保険のおばちゃんは継続中の保険の保険金減額の話をしなかったのかぁ。と納得しました。
今は良いですよねぇ、むやみに転換を勧めないファイナンシャルプランナーとか保険の無料相談店舗がありますから。

保険を安くするときは専門家が良いです。
生命保険の営業職の悪口は言いたくないですが、こんなコトガあると、生命保険の営業職に相談するのは避けてしまいます。
また、生命保険の営業職は
★★自社商品だけしか販売できない
★★他社商品との比較販売も出来ない
という欠点があるので、例えば二社以上の医療保険を比較しながら検討することなどは出来ません。
やはり、複数の生命保険を比較検討できるファイナンシャルプランナーや生命保険の無料相談店舗が良いということになります。

保管理人も専門家に相談しました
ちなみに、このサイトの管理人もファイナンシャルプランナーや生命保険の無料相談店舗で保険料減額の相談をしたことがあるのですが、管理人目線で一番良かったのがファイナンシャルプランナーの無料相談でした。次に良かったのが有名な店舗型生命保険無料相談です。
名前を聞いたことが無いようなマイナーな生命保険無料相談店舗にも行ったことがあるのですが、そこは結構強引でした。

ということで、管理人が実際に相談してみて良かった生命保険の無料相談を、ファイナンシャルプランナーの無料相談、保険の専門家の無料相談店舗を紹介します。

赤丸右矢印 ファイナンシャルプランナーの無料相談

何度相談しても無料です 桃矢印右保険マンモス桃矢印左

今なら無料相談で厳選黒毛和牛もらえます!