保険 安く

保険料を安くする技ランキング

一位

保険を安くする技 一位!
保険金・給付金を減額!

 

節約姉さんある程度続いている生命保険を解約してしまうのはもったいないけど、保険料は削りたいときは、例えば終身保険や定期保険などの「死亡保険」でしたら、最低保険金額を限度に保険を減らすことで、保険を削ることが出来ます。また、医療保険や がん保険は入院日額などを削ることで、最低保険料まで保険料を下げることができます。もちろん、解約では無いので保障は継続されます。

赤小矢印右 保険金・給付金を減額!はこちら



二位

保険を安くする技 二位!
保険のムダな部分を削る

 

保障を削る

定期保険、終身保険、医療保険、がん保険など、複数の単品生命保険に入っている人も、大手生命保険会社によくある定期特約付き終身保険や総合保障保険などに加入している人も、特約が保障のダブりになっていませんか?代表的なのが医療保険とがん保険に加入しているのに、医療保険にガン保障の特約が付いていたり、がん保険に医療保険のような特約が付いていたりするんです。このような保障のムダなダブりは削って保険料を下げられます。

赤小矢印右 保険のムダな部分を削る!はこちら



三位

保険を安くする技 三位!
支払期間・支払方法を変える

 

支払期間を変えたら

これは保険の見直しや新規加入時に使えるテクニックですが、一回の保険料の支払額が安くなる方法と、保険料を払い終わるまでの保険料総額が安くなる方法の、どちらか二つがあるんです。
保険料は短期間で支払いを終わらせると、保険料総額が安くなります。終身まで払い続けるような保険料の払い方にすると、一回の月額保険料が安くなります。あなたならどちらにしますか?

赤小矢印右 支払期間、支払い方法を変える!はこちら



保険を安くする技 四位!

通販保険に変えて保険料激減

通販保険にしたら

通販保険とかネット販売生命保険って極力コストを削っているので保険料が安いですよね。
通販保険サイトを見ると、30歳の定期保険が月額1,000円を切る保険料だったりします。安すぎて驚きますよね?でもそれは死亡保険金一千万円で保険期間10年の保険料だったりするんです。
通販保険の保険料例は、普通ではあり得ないような低い保険金でさらに短期間の保障の場合の保険料を大きく表示していることがよくあるんです。通販は総じて大手より安いですが、焦らず保険料を試算しましょう。

赤小矢印右 通販保険に変えて保険料激減!はこちら



保険を安くする技 五位!

専門家に相談して保険料減額

保険しょっぷ

店舗相談など、保険の見直し業が流行っています。
実は保険料の節約に最も効果的なのが保険相談になると思うのですが、保険の専門家に相談することを第一位にしたらテレビでよく言うヤラセみたいになりそうなので、謙虚にというか店舗相談を五位にしました。生命保険相談店舗の無料相談は、上記一位から四位と六位を同時に進行するようなものなので、「保障」はそんなに削らず保険料を大幅に削ることも望めるのです。

赤小矢印右 専門家に相談して保険料減額!はこちら



保険を安くする技 六位!

大手生保会社の保険を止める

大手生保営業

大手生命保険会社の生命保険知名度だけで加入してしまう場合があります。
さらに更新時に保険料が高くなりがちな大手生保の保険商品は駄目商品なのかと誤解されそうですが、大手生保の、絶対的な安心感は数字に現れない魅力ですよね。もし大手生保以外にも通販などの保険に加入しているのなら、保障内容を確認した上で高い保険料の保険を止めるのも保険料の節約になります。

赤小矢印右 大手生保会社の保険を止める!はこちら



保険を安くする技 七位!

FPに無料相談する

ファイナンシャルプランナー

管理人の経験からも、FP(ファイナンシャルプランナー)の生命保険無料相談が一番良いと思います。あ、またヤラセだ!と言われそうですね。
ヤラセだと思われたくないので、あえて最下位となる一番下に持ってきました。

FPに相談して保険料が半額以下になった家庭も多いそうです。
FPは普通に保険料の減額の提案をしますが、安易に保険料の減額に突っ走ることはしません。保険を減額しすぎて万一の時に後悔することが無いような提案です。
また、自営業かサラリーマン、または公務員などで全く違う提案をすることが多いのですが、その提案の内容に深さがあります。

赤小矢印右 FPに無料相談する!はこちら



赤丸右矢印 保険料 相談すれば安くなる

FPは難関資格保持の保険のプロです

イエローカード制で、しつこい勧誘無し

今、保険無料相談で高級黒毛和牛プレゼント

桃矢印右保険マンモス桃矢印左


何でそんなに保険料が高いのか?

毎月の保険料って高いですよね。

1.当たり前ですが、保障が高すぎる生命保険に加入していると、毎月の保険料が凄く高くなります。

2.元々保険料の高い生命保険に加入して、保険料が高騰していることもあります。

3.その保障を得意としている保険会社の保険を選ばないと、保険料が高くなります。

1.保障が高すぎる とは

凄く極端な例を言うと、死亡保険金が一億円必要という方は、まずいないでしょう。保険金が不必要に高いとそれだけ不必要な保険料を支払い続けることになります。

死亡保険は、保障すべき年数の減少と共に必要な保険金も減少していきます。
例えば子供が0歳なら、22年分の生活費と子供の学費を保障する必要がありますので、夫の死亡保険金を高くする必要があります。
ですが、子供が19歳なら学費も生活費もあと3年保障すればいいので、夫の死亡保険金は一千万円未満でいいかもしれませんよね。

でしたら、若い家庭の死亡保障は定期保険と収入保障保険の組み合わせで、保険料を安く保障を大きくしましょう。
熟年家庭なら、老後も考えて死亡保障を終身保険だけにするのが、ベストかもしれません。
このように、保障すべき年数と保障すべき金額を考えた保障内容にしてあるか?が問われます。

2.元々高い生命保険とは

一般的に生命保険は万が一の時の保障の為に加入するのが目的ですが、銀行よりも利率の良い貯金や資産運用の手段にもなるんです。ただし保険料が高くなります。
例えば学費や老後資金の貯蓄目的の生命保険といえば、学資保険や終身保険、養老保険に個人年金保険です。これらは保険料が高いです。

子供がいる家庭でしたら学資保険は良しとしても、終身保険や養老保険などの老後資金貯蓄目的の保険は、どうしても「せっかく積み立てたのにもったいない」という気持ちが先走ります。
なかなか保険の見直しに踏み切れないものですが、解約せずとも保険金などを減額して保険料を節約することも可能です。

保険会社の得意な保険とは?

これは家電と似ていて、安くて高性能な洗濯機の会社が作っている冷蔵庫が、何故かイマイチ性能が低くて値段が高いなんていうことありませんか?
生命保険も似たようなことがあって、同じ保障内容の定期保険ならA社が一番安くできる、似たような保障のガン保険ならB社が一番やすくできる。ということがあるのです。

ですので、派手にTVCMを流している保険会社のガン保険が、なんか他社より高い。ということもあり得ます。

保険の見直しは高度な判断が必要

重くなってしまう腰を上げて保険の見直しをしようとして、生命保険のランキングサイトや生命保険会社のランキングサイトを見て参考にしても、結局どの保険会社のどの商品が自分たちに合っているのかわからず、保険探しが難しくなってしまうときがあります。

さらにややこしいのが、加入している保険を
1.ばっさり解約するのか
2.現状維持するのか
3.保険金を減らすことで保険料を減額するのか
最低三種類の選択肢があります。

でも、この三種類の選択肢のうちどれが最適ででしょうか。
例えば保険料を減額するにしても、今後や払える保険料を考えながら、死亡保険金を何円まで下げるべきかの判断は、保険のランキングサイトなどを見ても判断できるわけがありません。本当に高レベルな判断を要します。

そんなときに役に立つのが、保険のプロ・ファイナンシャルプランナー(FP)です。

オススメ!ファイナンシャルプランナー(FP)の保険無料相談

保険の節約にFPをオススメしている理由は
●高度な資格保持者であること
●保険・家計・住宅ローンの相談ができること
●自分で保険ショップに出向く必要が無い事です。

保険マンモス
保険マンモスは、日経PBコンサルティングの主要三部門で一位を獲得した、高品質のFP派遣型保険無料相談です。

まず、ファイナンシャルプランナーというのは、国家資格や高度な公的資格の名称です。
略称はFPです。
FPは、金融商品、税金、相続、保険など、お金に関する高度な知識を持っているので、資産家や会社社長の為に金融商品を厳選したり、その運用や税金対策のアドバイスをしています。

高度な資格に裏打ちされた高度な金融知識というと、一般家庭に向いていない感じがしますよね。
ですが生命保険や住宅ローンなどにも強いのもあって、一般家庭では保険の他に家計節約などのアドバイスなどもしてくれます。しかも、その説明がわかりやすいんです。

FPの専門家を探すのも大変
でも、このような専門家は弁護士と同じようなもので、なるべく早く相談したくても、なかなか見つかりません
しかも、生命保険に強いFPとなると、「そんなFPなんて知らないよ!」と、FPに相談することを諦めたくなりますよね。

そこで、保険マンモスのFP派遣が役に立ちます。
経歴5年以上のベテランFPを、あなたの自宅や勤務先などに派遣してくれて、生命保険の相談をしてくれます。

満足度95%、強引な勧誘はありません
良いことばかり書いていると、FPの生命保険無料相談をゴリ押ししているようになってしまいますが、もしかしたら、保険を売りつけられた嫌だなって思っていませんか?

保険マンモスは「イエローカード制度」があり、派遣したFPが失礼な言動をしたり強引な勧誘をした場合、すぐ他のFPに替えることが出来ます。

FPという金融・保険などの専門家に相談するのは、相談料が必要と思う方もいますが、保険マンモスのFPに相談料はありません。
さらに生命保険の相談は何回でも無料です。

相談無料で保険に入る義務はありません
何度か書いていますが保険相談は無料です。保険マンモスが提携しているFPは、保険相談をしてその保険契約が成立した手数料を受け取る仕組みなのです。

とはいえ、無料相談ても、FPが得る手数料に気を遣って保険に加入する必要があるということは一切ありませんので、安心です。
保険ショップ vs FP
保険ショップで相談するというのも良いのですが、保険ショップによっては相談ブースの間隔が狭くて、隣の相談ブースの相談する声が聞こえてしまうこともあります。
隣の声が聞こえると言うことは、こちらの保険の相談内容も筒抜けということですよね。それでは困ります。

保険の節約相談は、世帯年収や手術歴病歴など「他人に知られたくない事情」などを伝える必要がある相談です。

例えばショッピングモール内の保険ショップで相談すると、言いたくも無い家庭事情を、通りががりの他人に晒してしまうかもしれません。そのようなことも避けたいものです。

また、子育てが大変とか、寝たきりの身内がいて外出が難しいという事情で、保険ショップでの相談は無理な方やご家庭にも、FPが来てくれる保険無料相談はオススメですよ。

保険のプロは知っています、話を聞いてくれます
死亡保険を得意とする保険会社もあれば、医療保険を得意としている会社もあります。FPはこれを熟知しています。
死亡保障や医療保険の日額給付などの保障額を不必要に高くしないために相談者の話をしっかり聞いてくれます。
必要額を想定し、しっかりシミュレーションをして、最適な保険会社の保険で最適な保障額を決めるという手法が生きてきます。

「友人や親戚のつきあいで保険に加入した」
「万が一があっても子供の教育費を確保したい」
「保険と家計を楽に節約したい」
こんな方にも、保険マンモスは最適だと思います。

あなたのご自宅や勤務先などの指定した場所で相談が可能で、保険の相談は何度でも無料です。もちろん休日でも普通に相談しているのでとても便利です。
95%という高(好)相談満足度の保険マンモスで、一度保険と家計を相談してみましょう。

「基本からわかりやすく説明してくださったおかげで、今のままではだめだということに気がつきました。」という実際に相談した人の声もあります。

桃矢印右保険マンモス桃矢印左