保険 安く

保険料を安くする技ランキング

1位

保険を安くする技 1位!
保険金・給付金を減額!

 

節約んある程度続いている保険を解約してしまうのはもったいないけど、保険料は削りたいときは、例えば終身保険や定期保険などの「死亡保険」でしたら、最低保険金額を限度に保険を減らすことで、保険を削ることが出来ます。また、医療保険や がん保険は入院日額などを削ることで、最低保険料まで保険料を下げることができます。もちろん、解約では無いので保障は継続されます。


2位

保険を安くする技 2位!
保険のムダな部分を削る

 

保障を削る

定期保険、終身保険、医療保険、がん保険など、複数の単品保険に入っている人も、大手保険会社によくある定期特約付き終身保険や総合保障保険などに加入している人も、特約が保障のダブりになっていませんか?代表的なのが医療保険とがん保険に加入しているのに、医療保険にガン保障の特約が付いていたり、がん保険に医療保険のような特約が付いていたりするんです。このような保障のムダなダブりは削って保険料を下げられます。


3位

保険を安くする技 3位!
支払期間・支払方法を変える

 

支払期間を変える

これは保険の見直しや新規加入時に使えるテクニックですが、一回の保険料の支払額が安くなる方法と、保険料を払い終わるまでの保険料総額が安くなる方法の、どちらか二つがあるんです。
保険料は短期間で支払いを終わらせると、保険料総額が安くなります。終身まで払い続けるような保険料の払い方にすると、一回の月額保険料が安くなります。あなたならどちらにしますか?


保険を安くする技 4位!

通販保険に変えて保険料激減

通販保険にする

通販保険とかネット販売保険って極力コストを削っているので保険料が安いですよね。
通販保険サイトを見ると、30歳の定期保険が月額1,000円を切る保険料だったりします。安すぎて驚きますよね?でもそれは死亡保険金一千万円で保険期間10年の保険料だったりするんです。
通販保険の保険料例は、普通ではあり得ないような低い保険金でさらに短期間の保障の場合の保険料を大きく表示していることがよくあるんです。通販は総じて大手より安いですが、焦らず保険料を試算しましょう。


保険を安くする技 5位!

専門家に相談して保険料減額

保険ショップ

保険ショップなど、店舗での保険見直しや相談が流行っています。
実は保険料の節約に最も効果的なのが保険相談になると思うのですが、保険の専門家に相談することを第一位にしたらテレビでよく言うヤラセみたいになりそうなので、五位にしました。
保険相談店舗の無料相談は、上記一位から四位と六位を同時に行うようなものなので、「保障」はそんなに削らず保険料を大幅に削ることも望めます。


保険を安くする技 6位!

大手生保会社の保険を止める

生保営業

同じ保障の通販保険と比較すると、どうしても保険料が高くなる大手生保の保険商品は、加入すべき商品ではないのかと誤解されそうですが、大手生保の絶対的な安心感は数字に現れない魅力ですよね。
とは言え、10年毎の更新後で保険料が極端に高くるのも困ります。
もし大手生保の高い保険に加入していて保険料を安くする必要に迫られたら、少々強引ですが、保障が極端に悪くならない範囲内で保険を止めるのも保険料の節約になります。


保険を安くする技 7位!

FPに無料相談する

ファイナンシャルプランナー

管理人の経験からも、FP(ファイナンシャルプランナー)の保険無料相談が一番良いと思います。あ、またヤラセだ!と言われそうですね。
ヤラセだと思われたくないので、あえて一番下に持ってきました。

また、サラリーマンや公務員、社会保障が薄くなる自営業などの職種、年齢や家族構成など、家庭の状況に合わせた提案をしてくれます。

FPに相談して月額保険料が9,000円以上も下がった家庭もあるんですよ。
FPは普通に保険料の減額の提案を考えますが、安易に保険料の減額に突っ走ることはしません。保険を減額しすぎて万一の時に後悔することが無いようにしながら保険料を下げるアイデアを出しくてれます。

月額9,000円以上安くした例も!

FPは難関資格保持の保険のプロです

イエローカード制で、しつこい勧誘無し

保険の相談は何度でも無料です

保険コネクト


保険無料相談で、選べる8種類のプレゼント

保険の節約は安さと安全性が必要?

七種類の保険減額の技はいかがでしたか?
今すぐ出来そうな技はあるのですが、保障を減額するにしても、支払期間を変えたり通販保険に変えるにしても、保険の営業職を呼んだり自分で手続きするのが本当に大変です。

保険の見直しは難しいっ!

さらに、保険の見直しをしようとして、保険のランキングサイトや保険会社のランキングサイトを見て参考にしても、結局どの保険会社のどの商品が自分たちに合っているのかわからず、保険探しが難しくなってしまいます。

保険を安くするのは、かなりの労力です

とはいえ、保険を安くするには
●何種類もある商品から、安く出来そうな保険を探す
という、保険商品探しの他に

●死亡保険金額や入院日額を考える
●A保険・B保険・C保険、それぞれの保険料をシミュレーションしながら比較する
●何歳まで支払えば何万円の保険料総額になるのか、候補の保険毎に試算する
●医療保険の、無制限保障と有限回数保障の病気を把握する

●新しい保険の申込をする
●新規の保険に加入出来たら、古い保険の解約手続きをする
このような沢山の作業や手続きが必要です。

安さと、家族の安心と安全の為に

ですが、保険料を安くすることに走りすぎて、あなた家族を守る為の保障が極端に薄くなる、保障不足は、絶対に避けたいですよね。
例えばあなたに万が一があったとして、保険金が不足してお子さんが中学卒業後に希望の進路に行けず、生活費の為に働くのであれば、保険の意味がありません。
そこで、見直し前より保障内容が悪くなっていたという、後悔できないミスを防ぐためにも、一度保険のプロに効いてみるのが安全です。

オススメ!ファイナンシャルプランナー(FP)の保険無料相談

保険を安くする技第七位でFPの保険相談を「保険料を減額する手段」として紹介しましたが、実は保険は安くするだけではダメで
適切な保障を崩さず」「安全に」安くする必要があります。
それには高度な知識が必要になるので、保険のプロに保険の安全な見直しを依頼するのが得策です。

安全な保険の節約にFPをオススメする理由は
●FPは高度な国家・公的資格保持者
●自分で保険ショップに行く必要が無く、FPが自宅や勤務先に来てくれる
●保険の見直しを何度相談しても無料
であることです。

保険の専門家を紹介・派遣してくれます
でもFPのような保険の専門家は弁護士と同じようなもので、自分で探してもなかなか見つかりません。

そこで、保険コネクトのFP紹介が役に立ちます。
経歴5年以上のベテランFPを、あなたの自宅や勤務先などに派遣してくれて、保険の見直しを無料で相談してくれます。

満足度90%、強引な勧誘はありません
良いことばかり書いていると、FPの保険無料相談をゴリ押しになってしまいますが、もしかしたら、保険のプロ(FP)に保険を売りつけられた嫌だなって思っていませんか?
保険コネクトは「イエローカード制度」があり、派遣したFPの強引な営業行為を禁止しています。

相談無料で保険に入る義務はありません
来てくれたFPに気を遣って保険に加入する必要は一切ありませんので、安心です。
保険相談は何回でも無料です。

また、子育てが大変とか、寝たきりの身内がいて外出が難しいという事情で、保険ショップでの相談は無理な方やご家庭にも、FPが来てくれる保険無料相談はオススメですよ。

休日でも相談可能な保険の無料相談です
「友人や親戚のつきあいで保険に加入した」
「万が一があっても子供の教育費を確保したい」
保障不足を避けながら保険料を節約したい」
こんな方にも、保険の無料相談は最適だと思います。

以前より保障内容充実させながら、を月額保険料を9,600円(年額11万5,200円)以上も節約できた事例もあります。

あなたのご自宅や勤務先などの指定した場所で相談が可能で、保険の相談は何度でも無料です。もちろん休日でも普通に相談しているのでとても便利です。
90%という高(好)満足度の保険コネクトで、一度保険の無料相談をしてみましょう。

保険コネクト